自主企画について

⾃主プログラムは持込企画です。一般演題と同様の倫理的な配慮は必要となりますが、⾃主プログラムは体験や交流を⽬的としたプログラムでもあり、最も⾃由度の高いプログラムです。1セッション90分の枠です。

発表形式

発表形式は、来場形式でも遠隔からでも可能です。来場形式の場合、会場設営についてもできるだけ自由度を高めて使用していただけますが、設営ならびに原状復帰は企画者に行っていただきます。

設営および原状復帰に要する時間もプログラム時間内で行ってください。また、ホワイトボード等、一般的なもの以外を自主企画で使用される場合は原則、企画者でご準備をお願いします。

遠隔から発表する場合は、企画者は発表時間中は必ずZoomウェビナーにアクセスするようにしてください。また、新型コロナ感染拡大の状況により、当初のご希望に添えないこともあるかと思いますが、その際は個別にご相談させていただくことになります。

演題応募資格

企画者全員が演題登録時に本学会会員であることが必要です。
採否は大会側が決定します。最終的な決定は、学術集会に一任願います。