一般演題(研究発表・実践発表)について

参加をご予定されている皆様へ

大変お世話になっております。愛知大会の開催にむけて、演題登録を2021年5月25日から開始させていただきました。つきましては下記のページからご登録ください。

会員や関係者の皆様方のご参加・演題登録を心よりお待ち申し上げております。どうぞよろしくお願い申し上げます。


演題登録期間

2021年5月25日(火)から 2021年7月31日(土) → 2021年8月末まで


発表種別

  • 1.研究発表 精神障害者リハビリテーションの発展貢献する新たな知見や理解、手技や手法について、論理的に提示されるものです。 原則として研究目的、研究方法、結果、考察を含む内容での発表となります。また、総説的な内容や資料統計等の報告もこちらへご応募ください。
  • 2.実践発表 研究発表に比べてより自由な形式で発表いただけます。精神障害者リハビリテーションの発展貢献する新たな知見や理解、手技や手法について示唆に富む事例や、先駆的、啓発的な実践を具体的に提示されるものです。 精神障害者リハビリテーションに有益と思われれば、検討中のものや失敗例でも歓迎されます。

研究発表、実践発表ともに、個人情報保護等への倫理的な配慮を十分に行ってください。本学会での発表に際し、施設内での倫理審査委員会による審査、承認を必ず受けて下さい。

倫理審査委員会が設置されておらず施設内での審査や承認をうけることができない場合には、大会プログラム委員会での査読の際に当学会にて判断させて頂きます。

日本精神障害者リハビリテーション学会本大会においては、発表者に対して演題抄録を登録する際と発表時に、発表演題に関連する企業などとの利益相反(COI)の有無および状態について申告することを義務づけております。

ご発表時に必ず利益相反(COI)に関するスライドを呈示して下さい。

発表の可否につきましては、大会プログラム委員会での査読を行ったうえで筆頭発表者あてにご連絡いたします。なお、内容等について確認させていただくことがございます。

発表形式

口演発表あるいは示説(ポスター発表)となります。発表時間は口演発表ポスター発表とも1演題につき10分の発表となります。今回は質疑応答はありません。

応募いただいた発表形式とは異なる発表をお願いする場合があります。最終的な決定は、学術集会に一任願います。

演題応募資格

筆頭者は演題登録時に本学会会員または日本心理教育家族教室ネットワーク会員であることが必要です。

演題カテゴリー

  • 症状・認知機能・社会機能等の評価
  • パーソナル・リカバリー
  • 薬物療法
  • 心理社会的支援プログラム(例:SST,CBT,認知機能リハ)
  • アウトリーチ・訪問支援・ケアマネージメント
  • 危機介入
  • 退院促進・退院支援
  • 就労支援
  • 児童・思春期・早期介入
  • セルフヘルプ・ピアサポート
  • 家族支援・家族心理教育
  • 地域・連携・ネットワーク
  • 行政サービス
  • スティグマ(偏見・差別)
  • その他
発表時のカテゴリーは大会プログラム委員会にて決定しますので、お申し込み時と異なるカテゴリーでのご発表となることがございます。

査読基準

以下のチェック項目に基づいて判断する。

  • 個人情報への配慮がなされている

  • 内容に不当な非難や中傷が含まれていない

  • 倫理委員会での承認が必要な発表では倫理委員会の名称が記載されている

一般演題における発表形式について

①口演

発表者は事前に音声付Power Pointファイルを提出する。発表当日は決められた発表時間に大会担当者が事前録画を放映します。

②ポスター (座長は設けない)

発表者は音声付Power Pointファイルの提出をする。発表当日は決められた発表時間に大会担当者が事前録画を放映する。参加者は、遠隔から参加する。

音声付Power Pointファイルの作成手順

自主企画について

⾃主プログラムは持込企画です。一般演題と同様の倫理的な配慮は必要となりますが、⾃主プログラムは体験や交流を⽬的としたプログラムでもあり、最も⾃由度の高いプログラムです。1セッション90分の枠です。

発表形式

発表形式は、来場形式でも遠隔からでも可能です。来場形式の場合、会場設営についてもできるだけ自由度を高めて使用していただけますが、設営ならびに原状復帰は企画者に行っていただきます。

設営および原状復帰に要する時間もプログラム時間内で行ってください。また、ホワイトボード等、一般的なもの以外を自主企画で使用される場合は原則、企画者でご準備をお願いします。

遠隔から発表する場合は、企画者は発表時間中は必ずZoomウェビナーにアクセスするようにしてください。また、新型コロナ感染拡大の状況により、当初のご希望に添えないこともあるかと思いますが、その際は個別にご相談させていただくことになります。

演題応募資格

企画者全員が演題登録時に本学会会員であることが必要です。
採否は大会側が決定します。最終的な決定は、学術集会に一任願います。

演題登録

  • 原則として暗号通信をご利用ください。平文通信は危険です。第3者があなたのパスワードを盗聴して、演題・抄録を無断削除したり、改竄したりする可能性があります。特に病院情報システムや電子メール用に使っているパスワードを、平文通信で演題登録用に使用することは絶対に止めてください。被害が演題・抄録以外にも及びます。平文通信は、暗号通信が使えない場合(施設やプロバイダーの設定に問題があるか、ブラウザーが古い)に限ってご利用ください。
  • UMINオンライン演題登録システムでは、当面の間、Internet Explorer、Safari、FireFox、Google Chrome、Microsoft Edge以外のブラウザでは演題登録できません。このため、Internet Explorer、Safari、FireFox、Google Chrome、Microsoft Edgeにて演題登録を御願いします。
  • 登録した演題の確認、修正、削除には登録完了後に画面上に表示される登録番号とパスワードが必要です。登録番号と入力したパスワードは必ず保管しておいて下さい。
  • オンライン演題登録した後は、確実に登録されているか、登録番号とパスワードで必ずご確認を御願いします(登録番号とパスワードで確認を行って、登録されていれば、確実な確認になります)。
  • オンライン演題登録に関するFAQはこちらをご覧ください。
暗号通信(推奨)
平文通信
暗号通信が使えない場合にのみ以下をご利用ください。