第28回愛知大会学会主催シンポジウム

「精神障害リハビリテーションの研究と実践を展望する」-実践と研究の融合を目指して

発表者

山口創生(国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 地域・司法精神医療研究部)
彼谷哲志(特定非営利活動法人あすなろ)
大石 甲(独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 障害者職業総合センター)

座長

後藤雅博(こころのクリニックウィズ)
岩崎香(早稲田大学)

企画趣旨

3回シリーズで「実践」と「研究成果」の融合について考えてきた本企画は今回が最終回である。

第26回東京大会では20年にわたる本学会の歩みとともに、就労支援の立場、精神医学の立場、また複数の領域にまたがる学際的色彩を帯びてから精神科リハビリテーション領域で活動を始めた若手研究者の立場から見る精神科リハビリテーションの展望が紹介された。

第27回大会では、実践家の立場、研究者の立場のそれぞれから「実践と研究の融合」について自身の経験を交えた活動紹介があり、リフレクティングの手法を用いて、お互いの意見を客観的に見つつ、深めあおうとする試みが行われた。

今年度はこれまでに明らかになった論点を土台として、登壇者、座長、参加者が忌憚ない意見交換を行い、それぞれの立場から橋渡しや将来の学会の方向性について提案を行いたい。

発表者抄録

ダウンロードはこちら